忍者ブログ
赤裸々な日記です。
[1] [2]
どうも!年女です。あけおめ!
2月ですね。
特におもしろいこともなければ大体なんでもツイッターで喋ってしまいますが、ブログを書きます。


今年は三社参りをしようと会社の先輩たちと複数の神社に初詣にいったのですが、最終的には二社しか参りませんでした。なんだったのか。
三社参りって九州とかとにかくこちら側の文化らしいですね。
おみくじを引き、先輩より良い結果を出すなよと釘を差され、大吉を出し、空気が読めないと顰蹙を買いました。
中吉先輩「いや、おみくじとか何回も引くのが醍醐味みたいなとこあるし、こっからが本番やけんな」
二回目のおみくじでも大吉引きました。私が。
こりゃ今年はきてんな・・・・そう確信した私は年末ジャンボの当選番号を確認しましたが30枚で900円当たりました。こりゃ今年はきてんな。

この時点で夜11時頃だったのですが、初詣のためだけに集まり即解散もどうかな的な空気になりカラオケにいきました。先輩たちはその二日前くらいにもカラオケに行っており、その二日後にもカラオケオールの予定があるため行きたくなさそうでした。
私も何で行ったのかよくわからないし正直カラオケ出てからの記憶がない。(一ヶ月前のことなので。)
高速道路で片道五時間かかる祖母の家に行ってきた帰りだったのに、何故あんな無茶をしたのかわかりません。休みでテンション上がってたんでしょうね。

休みが明け、会社の新年会があり。
決められたテーブルでうっかりおみくじ中吉先輩をその元カノと背中合わせの席に座らせてしまいその場の空気が一瞬重くなるも社長が社員巻き込んで恋ダンス踊るという事故を起こした以外は特に何事もなく進みました。
恋ダンスはおみくじ末吉先輩が言い出したことらしく、どうりでカラオケでめっちゃ恋ダンス踊ってると思った。

新年会が毎年恒例でくじ引きがあり、会場についた時点で番号つきのカードを引かされます。
上位の商品はそこそこ高額なため心がぴょんぴょんしますが私の戦歴は初年度がうまい棒詰め合わせ。その次の年が洗剤でした。商品の数は会場にいる人数の半分ほどなので当たるだけでもちょっと嬉しいです。
しかし全然呼ばれないので今年は当たらないかもと思いつつ隣の席の人と「まだ呼ばれないということは上位商品が当たってしまう」などとふざけていたところ、残り4賞というところで呼ばれました。本当に当たった!!
しかも私だけではなく先ほど一緒にふざけていた人も呼ばれ、マジで上位商品があたってしまいました。言霊ってあるんだね。
上位4賞はくじで呼ばれた四人がトーナメント形式で戦い順位を決め、その順位で商品が変わるというシステムです。見世物すぎる。
今年は手押し相撲でした。
女性は一人につき二人男性の助っ人を呼んでくるということで、一人は他部署の先輩(日課は会社の外階段を使っての懸垂。仕事が早く終わった日にツナギに着替え何故か会社で自車の整備をしていたのが印象的。)を呼び、もう一人がつかまらなかったところ社長が話したこともないクマみたいな巨漢(おっとりした優しい人でした。)を連れて来ました。
反則すぎると何故か私がブーイングを受けました。ええい黙れ黙れ。
いや、ほんとに、強い強い。すごく強い。
クマ先輩と私だけで勝ち進んでしまい、優勝してしまいました。
懸垂先輩は出番がないためLINEの返信をしていました。せめてステージ見ろよ。

そんなわけで一等のPS4をゲットしました!!やったぜ!!!もう持ってる!!!!!
二等のブルーレイディスクレコーダーとか三等のダイソン掃除機とかほしかったんですが、勝負事であったためつい勝ちにいってしまいました。負けず嫌いかよ。
優勝すると助っ人にも商品券が出るのですが、クマ先輩が何故か譲ったため全て懸垂先輩のものに。一番おいしい思いしたのこの人かよ。呼ばなきゃよかった。

その後同期のヤンキーが「おっ!落ちとんやん!」とPS4のカツアゲに現れてとても怖かったです。
落ちてねえよ。

最初の方の挨拶で社長が「今年は仕事を三倍に増やしたい」とかよくわからんことを言っていたことにより早く会社やめようという気持ちを強くした場面があったり、その後ベンツに乗って行った二次会のカラオケが長引き全身タバコ臭くなったまま夜が明けくじ引きで赤ちゃん見守りカメラを当てた独身先輩と喧嘩になったりもしましたが、今年はきてんな。私はそう思った。


そんなわけで先日900円の換金ついでにロト6を買いました。
なんと前週の当たり番号でした!
こりゃ今年はきてんな・・・・。
私はそう思った。

拍手[7回]

PR
ではないです。


アフリカンサファリの話です。

皆知ってる?アフリカンサファリ。
先月末に行ってきました。理由はTwitterでも人気のライオンとトラの赤ちゃんの公開が10月までだったからです。
何もね、車いすマラソンで道路が規制される日になんて行かなくてもね。言い出したのは私です。
もちろん混んでた。
もはやちょっと記憶がおぼろげなんですが。

大分県民なら一度は行ったことがあるんじゃないでしょうか。小さい頃に保育園や小学校の催しで行くことが多い気がします。
かく言う私も保育園の時に行ったきりです。ジャングルバス以外記憶残ってないレベル。もうトラ見られたらなんでもいいくらいの意気込みです。
助手席にいながら行きのナビがうまく行かずポンコツ呼ばわりされながら山道を行き安心院へ。

到着時、ゲートにあるマークを見てはしゃぐ我々。
「グリフィンドールの寮ある。」    (↓これ)


15年ぶりくらいなんじゃないかと思う園内。
思ったより狭い。

とりあえずまっすぐライオンの元へ向かいました。
どうも抱っこして写真が撮れるらしいけど列がすごい。
ライオンは二匹いましたがどちらも寝ていました。本当に見るだけでいいつもりで来たのですが、あれは見た瞬間「撫でたい!!!」と思わせますね。すごいかわいい。
そのまま隣のキャットサロンへ入りました。ここまで来て即行猫カフェみたいな空間に行ってしまった。猫がたくさんいました。可愛かった。
が、キャットサロンにこそ本命中の本命、トラとライオンの赤ちゃんがいるんです。
Twitterに上がっているあのね!一緒の空間にいてじゃれあってるやつ!
生は完全にシャブです。

あまりにも可愛いの暴力でした。見られて本当によかったな~!
もうここで私は用を終えたも同然なんですが、アフリカンサファリといえばジャングルバス。
肉食獣にも餌あげ体験ができるという、あのジャングルバスです。
追加料金です。
事前にバスどうするって話になったのですが、「え!?乗らんの!?乗るやろ!!バス乗らんとかないやろ!!」と力いっぱい言われたので料金を気にしていただけの私は言いなりです。
バスの時間まで園内ブラブラしてカンガルー触ったりリスザル見たり量が多すぎるモルモットに狼狽したり全員顔隠して寝てるピグミーマーモセットを見たりしました。目が特徴なのに・・・・・。

ハロウィン仕様です。

馬にも乗れたりするんですよ。
彼「馬乗る?」
私「乗らない。」
彼「馬が潰れちゃうもんな・・・」
私「そこまで重くない」

園内には色んな動物の銅像?があるんですけど、結構園自体に関係のないものが多いです。ブレーメンの音楽隊とか。(本当に何故ブレーメン・・・・?)
私「(園内にはいないのに)ブタの像があるよ」
彼「おっ、一緒に写真撮ってやろうか?」
私「は?」

ギスギスしながらいよいよバスの時間です。
ルートとしてはヤギ→クマ→オスライオン→メスライオン→シカ→ゾウ→キリン→ラクダです。
これは餌を上げることのできる動物で、これらは超至近距離で見ることができます。
他にもエサやりはできませんが、サイとかトラとか名前忘れたけどやたらでかいバッファローみたいなのとかハイエナとかチーターとかシマウマとかいろいろいます。

感想としてはもうとにかくライオンがでっっかい。
目の前に来た時あまりにでかくてこれは襲われたら死ぬわと思いました。
正直トラ贔屓なのでライオンのことは甘く見ていたんです。認識を改めました。
あとやっぱり触りたくなりますね。死ぬけど。
この日のバスで今日はこの一便だけ!というアタリを引き、ゾウがカボチャを食べるところを見られたりもしました。足で割って食べるんですよ。他のゾウにとられないように鼻で自分の方に避けるのがとっても陰湿でよかったです。餌をあげる時手に伝わってきた鼻の力がものすごく強くてビビりました。これは死にます。

肉食獣のエリアとか結構厳重に管理されてまして、逐一ゲートがあるんですよ。動物は皆一応野生なので自然の中に放されている状態なんですよね。ご飯はもらってるけど。

で、このゲートがですね、写真撮れなかったんですけど、もうすっごいジュラシックパーク。
動物のシルエットと名前、それから主張するWARNINGの文字。
通信しながらゆっくり開いていくゲート。
これ突然ティラノ出て来てバス潰されて死のドライブが始まる奴だわ・・・。と戦慄しました。もう雰囲気が怖い。
崖になってるところをガタガタいいながら進むバス一歩間違えば転がり落ちていくし山の上で吹き荒ぶ風と光景に肝も体も冷えました。下手な絶叫マシーンより怖い。運転手はベテランかと思われますがおじいちゃんです。
大型肉食獣は餌も大きくて、何かの動物一頭だと思うんですけど食べ残されてカラスが群がっている様子もポイント高かったですね。似たようなのUSJのアトラクションで見たことある。
降りたら尻が痛かったですが、すんげぇ楽しかったです。

この頃には日も暮れてライオンのお触り列がほぼなくなっていたので折角だしと500円払って記念撮影してきました。
写真は苦手なのですが、ライオンが触れる。これはとても、魅力的でした・・・・。
もう公開終了間近ということでかなり大きくなっていました、このくらい。

獣臭かったです。
猫くらい小さいよりこのくらいの方が触り心地としてはライオン~!って感じがしてよかったです。肉球お触りタイムがあります。天国か?

帰りながら「こんな所にアフリカがあるのすごいな」って話をしました。
すごいねアフリカンサファリ。大分にいながらにしてアフリカを感じることができる。すごい楽しかった。5年に一度くらいでいいな!
だから年間パスポートが安いのかなって話もしました。

帰りに高めの寿司屋で一貫700円するトロを食べてお腹を壊しました。
ありがとな10月。

拍手[2回]

毎日マルチの勧誘受けてるわけではないので特におもしろいこととか何もないんですけど。
マルチからは先日ボーリングの誘いが来ました。ボーリングが好きではないので蹴りました。


仕事の話。


仕事では地名とか人名とか色々書いてある指示書の内容をパソコンにローマ字で打ち込んでいます。
つまり人名の漢字が読めなくてとりあえず同じ漢字を入れておき誤魔化すという手が使えず、読み仮名がわからないとマジで困るやつです。一日数件わからないものがあります。DQNネームにはフリガナつけてってあんなに言ったじゃない。
そのせいでたまに大喜利が始まりますが、それはさておき。

指示書は手書きなので、稀に読めないものがあります。字が汚くて。
人のこと言えないんですけど。
ミミズか文字かって言われるとちょっと迷うくらいのものも多々あります。それでも一年くらいやると何故か読めるようになってくるんですけど。以心伝心ってヤツ?

しかし問題はこちら。
以前きたものにこういうものがありました。


読めなくない?

ていうかもはや記号の域じゃない?
なにこれ?人事?人事って書いてあんの?

全くわからなかったので、送ってきた本人に直接問い合わせました。
正解がこちら。


嘘だよね?
絶対に書いてないよね?
絶対に「高峰」って書いてないよね?

絶対に書いてないよ。

本人曰く「ちょっと読みにくかったですかね?」だそうで。
そういうレベルじゃない。
読みやすいとか読みにくいじゃない。
高峰って書いてない。
我々が知らないだけで本当はこういう略字があるのかもしれない。
そう思うくらい送ってきた本人は当然読めると思っていたのですが、本当に我々が知らないだけなんでしょうか。
こうやって「絶対に書いてないでしょ!」と騒ぐ私こそが滑稽なのではないでしょうか。
どうなんですか?

これ以前はずっとちゃんと高峰って書いてあったんですけど、最近はもうこのミミズしか来なくなりました。どうして?

他にも字として成立していないシリーズあるんですけど、写真とか特にないので無いです。
早く仕事やめたい。
あと宝くじ当てたい。

拍手[11回]

メリーフェブラリー。
怖い話が好きです。
でもビビりです。
LINEの通知が来た音と振動に驚いて椅子から落ちた回数は知れず
びっくり系って苦手です。驚くのと怖いのは違うと常々。今そういう話をしようとしたんではない。

怖い話を読むのが好きなので手っ取り早く揃っている洒落怖によく手を出しています。

なんだかんだそんなに怖くないし楽しく読んでいるのですが、
やばいのは読んだ後。
風呂とかトイレとか 寝る直前が最も怖い。皆もそうだろ。
ほとんどが創作だと思っているんですけど。
何か怖い顔とかが窓にあるの想像してしまったり。自分の想像が怖い。そりゃ自分の怖いものを想像しているんだから最強に怖くて当たり前。ひどい話です。布団の外に足とか出せないし。怖いし。

それで怖いのでカーテン閉めて寝るんですけど、いつの間にか猫によって微妙に隙間が開いた状態になっていたりする。
いい加減にしろよ。
大体電気切った後に気付くんですけど怖いので閉めにいけない。締める時に窓の外に何かいたら怖いじゃない。
ので窓に背を向けて震えながら寝ます。猫め。
何か昔あったよね0時丁度に南向いてると包丁持った怖いお婆さんが入ってきて殺されるとか。南には足向けて寝てるんですけど。風水的にはどうなの?
でも西だった気もする。
正直覚えてない。猫がカーテン開けるのは西の窓です。
記憶が曖昧なばかりに無駄に怖い思いをしている気がする。
さすがに今はもうババアが入ってくるとは思ってないけど。

そんなわけで怖いのを我慢しつつ猫が入ってくるのを防止するためドアを閉め孤立した部屋で寝るわけです。怖い。
そうしていると突然
「ガタガタガタ!!ガンガン!!」
えっ何!?怖い!飛び起きるわ!!
「ガリガリガリ!!」
「ニャァァァ」
お前マジでいい加減にしろよ!!

家族が皆寝たのに夜行性なので元気いっぱいに遊べとドアを叩きに来る猫。
うるせぇ!とキレながら猫を追い払うためドアを開ける私。
瞬間部屋に飛び込んでくる猫。
防ぎきれない私。
ベッドの下など手の届かないところに逃げこむ猫。
猫じゃらしでおびき寄せる私。
なかなか出てこない猫。
眠い私。

地獄。

犯人。


なんとか追い出し布団に入りうつらうつらしてくると
突然
ガリガリガリガリガリ!!
えっ何!?怖い!飛び起きるわ!!
ザッザッザッザッ

<ワンワン!!

犬小屋の床を掘るのはやめなさいっていつも言ってるでしょ!?
窓閉めてるのに大音量で聞こえてくるしビビります!!
中に入れた毛布を引っ張りだして振り回すのもやめろ!

犯人。

なんなの。
うちの動物の間で私の睡眠を妨げるのが流行りすぎてて困る。


こういう怖いことがあるので、ニコ百科で赤字に設定されてる洒落怖に手が出せないんですけど。
気になるので読んだことある方はいつ読んでその後元気に生きていることも踏まえてこちらの番号まで。
死んでる人は連絡してこないでください。怖いです。
5人くらい元気に生きてたら私も意を決して怖い話を読みます。
頼みましたよ。
頼みましたからね。

拍手[8回]

ブログを書くのは記憶が正しければCURURUのあった中学生以来です。
リアルタイムで人が構ってくれるツイッターにずぶずぶになり脳とツイート欄の同期も切れなくなってはや数年。
いい加減人が見たいと思わない話をする場所作ろうと思いました。個別で。
普段の生活とか仕事の話とかします。

仕事と言えば最近仕事のせいで手が荒れるようになり、周りから「手汗すごいね」と言われるほど常に手の潤っている私もついにハンドクリームデビューしました。先日。
何か変な匂いする。クランベリーって書いてありました。イギリス製らしいです。
成人式の抽選で友人が当てたのですがハンドクリーム使わないので人にあげると言っており、自分も必要ないのに何か高そうだったのであげる人が決まっていなければと図々しくもらってきました。
結果今役立ってる。
二年は出番なかったけど。


最近あった話します。


マルチ商法の勧誘を受けました。
まさか自分がされることになるとは思っていませんでした。真偽の程はわかりませんが多分その類だったと思う。

ことの始まりは今月の始めの新年会。仕事あがりにそのまま新年会が始まり抽選でなんやかんやスープカップと洗剤450g(詰め替えにして15本分)(だった気がする)をいただいた私はやたら重いダンボールを抱えたまま途方にくれていました。
普段は電車と自転車で通勤しているのでこの日も電車と徒歩で会場へ。まさかこんなダンボールを抱えながら商店街を突っ切り電車へ・・・?
冗談じゃなかったので最近遊ぶようになったばかりの近所に住む他部署の先輩(Aとします)の車に転がり込みました。
近所って一駅分だけど。

そこで同乗していた同じ部署の仲良しの先輩Bとその日初めて顔を合わせた営業の先輩C(30代イケメン)
どうやらこの後カラオケにいく予定だそうで、カラオケっつったらもう私の地元に存在しない店の一つなんですけど。当然うちからかなり遠い。一度家まで送ってもらってカラオケへ~というのも面倒な話です。申し訳ないよね。
「来る?」と誘われたので私と洗剤はカラオケへ雪崩れ込みました。
しかし私はその次の日友人とカラオケの約束をしていたのでした。
店に着いてから打ち明けたので「何でそんな約束したの?」と理不尽に怒られました。
いや理不尽だよ。

仕事→新年会→カラオケときて当然もう夜なので朝までコースでした。当たり前だけど死ぬほど眠い。
A先輩は途中から寝落ちてたし朝4時5時にはボーッとDAMチャンネルを見る時間が数回ありました。
だというのにB先輩はガンガンにワンオク歌ってるし一人だけ飲んでいたC先輩も酒が抜けてきて調子上がったらしくJAMとか歌って私は何でそんな元気あんだとソファに沈み込んでいました。何で皆シャウトすんの?
朝6時近くなってA先輩も起きたので撤収。初めて会った人含めて7時間もよくカラオケしたなと思います。
帰る前に一旦会社寄ってそこで解散になったんですがC先輩が自分の部署から出てきた時、おそらく防寒なんでしょうけど着てる服の上に何かおじいちゃんの股引みたいなのを履いている。
イケメンでもそこはおっさんなんだなぁと私は感慨深くなる余裕もなくひたすら眠かった。

そこから帰って風呂入って5時間寝て友人とのカラオケへ向かいました。

気付いてるかもしれないけど、この前置き。ことの始まりと謳いつつマルチのくだりとは全く関係ありません。
話したかっただけだよごめんね。
ここからです。

カラオケで青春アミーゴを入れてはしゃいでいたらLINEがきまして。
これが中学の友人からで、久しぶり~元気?的なやつでした。特に仲良くも悪くもなく数回ご飯にいったことがある程度なんですが。
ご飯か何かの誘いだろうと思い暗に「今日は無理です」オーラを出したかった私はカラオケにいることを伝えました。
「へ~何歌うの?」って返信が来ました。
聞くなよ。そんな数分単位で変わるものを聞くなよ。青春アミーゴだよって言っときました。
どうやら相手も明日カラオケの予定があるそうです。
「何歌おうかな?^^」
知るかよ。
青春アミーゴを勧めておきました。

結局ご飯の誘いだったので次の週末にということになりました。

何故また急に誘ってきたのかそれとなく聞いてみるも微妙に話を流される。
仕方ないので普通にご飯食べつつ話していたらおもむろに
「夢とかってある?」
唐突です。
そんなものはないので「強いて言うなら働かずに暮らすことかな~」と呑気に答えていました。
「働かずにお金をもらっている人たちがいるんだけど、興味ある?」

何か雲行き怪しくなってきた。

「・・・?どんな・・・?」
「うーん何て言えばいいんだろ・・・マンションのオーナー業とかみたいな
ねずみ講?
「それって儲かるの・・・・?」
「うーん・・・まぁおもしろいよ、色んな人がいて
儲かってない。ていうかこれから儲ける設定だ。私を使って!
この野郎。目的はそれか。

「どう?話だけでも聞いてみる?」

元気良く断って飯おごってもらって帰りました。

ここに特におもしろいドラマはないのでおもしろさを期待した方がいらしたら申し訳ないんですけど、ただ勧誘されたよ~って話がしたかったんです。
勧誘って、公園でご飯食べてたら突然知らないおばさんに宗教勧誘された時以来。

しかしまさかさして仲良くないとはいえ、友人に売られることになるなんて思っていませんでしたから、びっくりしました。

もしかして、二年前ハンドクリームひったくったこと怒ってんのかな。

拍手[8回]

プロフィール
HN:
ゆめみや
性別:
非公開
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 止まると死ぬ。 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]