忍者ブログ
日記です。
[1] [2]
こんにちは、部署の引っ越しで複数の部署まるごと新社屋に引っ越しましたが相変わらず地獄です。新社屋って言うとちょっと語弊ある気がするけど。別棟?
まずGW中に社員タダ働きで引越し作業させる時点で地獄不可避でしょう。私は参加していないのでかわいそうとしかいえませんが。雇用形態の差です。(私は準社員です)
この会社、何故か準社員の方が快適に暮らせるようになってるんだよな。私は準社員なのでいいんですけど。

前回記事に書いたやば男が新社屋に来てから元気です。
それというのも隣にA子ちゃんを自ら配置し(何で誰も止めなかったのか)ペアでうきうき仕事をしているためです。
毎日A子ちゃんの愚痴が止まりません。
前回の飲み会については、私がトイレに入って行きその後ダッシュで逃げたため、やば男の中では私がA子ちゃんを唆したことになっているそうです。そんなことしても私に何のメリットも無いことに何故気付けないのか。嫌々乗ってんだぞこっちは。
それで「自分が避けられているのかも?」とカケラも思えないところが正にやばい。怖い。
「ゆめちゃんがいると俺嫌な思いしかしないじゃん」と言っていた話を聞いてよく私は人を殺めずにいられるなと自分で関心してしまった。
まだちょっとあるけどこの話はここでやめておきましょう。キリがない。新社屋の話だよ。

そう、新社屋です。
今までいた本社は結構古いうえにトイレが総和式。クソです。(便器だけにね!)
和式で問題なくね?とか言う奴は多分尻が切れた経験がない。
私たちのいた部屋は他の全ての部屋と断絶されていて階段を使うにもトイレに行くにもとにかく別の何処かに行くには必ず外に一度出なくてはならない最もハズレ部屋でした。雨の日最悪。
部署のお部屋引っ越し自体は私が入社してから三年の間に数回あったくらい頻繁なものでしたが、建物自体が変わるのは初めての経験。車で10分ほど離れた場所にある新しい建物に移動になりました。その関係で降りる駅を一つ手前にしたりなどしました。その3日ほど前に定期を前のまま半年更新したばかりでしたが。クソうっかり。

新社屋には一つの部署が入っているだけなのですが、本社に比べて年齢層が若く女性も多い。

すんっげぇ行きたくねぇ。
マジで。本当に。

怖いじゃないですか。冷静に考えて。
若い女がたくさんいる場所に後から追加されるって恐怖でしょ。
絶対派閥とか陰湿ないじめとかあるでしょ。
本社は事務を除けば女性が少なく年齢もそこそこ開いているからか平和にやってきたんですよ。
いじめとかハブりとかないんですよ。女による女の陰口とかまぁそりゃ老●お局とかは別ですけど基本ない。
そんな優しい空間から突然追い出されて我々はパニックだよ。

そんなこんなで引っ越してみたらまぁ、あれです。
トイレが洋式!!!!ウォシュレットだよ。トイレめっちゃ綺麗。
ちょっと気分上がった。でもメインの機器を集めた部屋にクーラーがついていないって設計考えた会社のトップちょっと頭おかしくない?全部壊れて仕事が止まればいいのに。

まぁ問題は昼休みですよ。食堂で会するわけじゃないですか。先住民たちと。触れ合うのはここだけですよ。タイムカードが先住民たちの部屋にあることはこの際無視します。

お疲れ様ですつってね。入ったんですよ食堂に。目が合うよね先住民と。
目が悪い人がよく見えない時にするような渋い顔で睨まれた。
あと返事もねぇ。即退散。元々食堂で食べる予定はなかったのですがレンジが使いたかった。(開け方がわからず結局冷たい飯を食べた)
後ほどふんわりと「こっちの部署は食堂に入る時お疲れ様ですって言う文化がおそらく無い」と把握しましたが言われたら返せよ社会人だろ。

睨んだのは以前記事にも書いた先輩の元カノ(強火。最近結婚したそうです)で、余所者が食堂に入ったことにキレているのか、私がブスだから気に入らないのか、マリッジブルーなのか図りかねていたところ、A子ちゃんが食堂に向かっていくのが見えました。
元カノは新年会でA子ちゃんを見た時「かわいい」と言っていたという噂を聞いていたので受け入れられるのかもと見守っていましたが、数秒後「無理無理無理無理」と首振りながら帰ってくるA子ちゃんがそこにはいました。同じ反応されたらしいので多分原因は外見じゃない。よかった。
よくねえ。

先輩に確認とったところ視力もいいし裸眼らしいので、マジでただの不快な表情だったみたいです。
「なめられたら終わり」との言葉を頂戴したので次は応戦する構えでいたらそれ以降目が合うことはなかったのでなめられたまま終わりました。悔しいです。

そんな新居での生活も三週目。
今の体制にも慣れてきたところ、本日突然チーム替えを言い渡されました。
チーム替え、稀にあるんで珍しいことでもないけど、今かよ。
私が所属チームから抜け、そこにA子ちゃんが入り、私は今日面接に来た新入社員とペア組んで教育しつつ仕事をするという。やば男とA子ちゃんを別チームにするぞ!という感じのあれです。
遅くね?
これ自体は一年ほど前に予定していた体制であるためようやくかという感じはしますが、理由がやば男撃退であるため我々のワクワクは止まらねぇ。代償は私の孤独。
部屋の隅、喫煙所への扉の横に座り逆側には自分が教育する10程歳上の新人。
わたし、やっていけるのかなぁ・・・・・・・・・。しかもやば男の手垢のついたPC使うことになりそうでもう絶対当日アルコールで除菌するから。

A子ちゃんと離れることになるやば男が不満たらたらな様子を見て元カノが強火の先輩は「楽しいことになりそうやな」と微笑んでいました。そうだね。

やば男「新しいチーム分け聞いた?仕事回ると思う?」
先輩「とりあえずやってみたらいいんじゃね?」
やば男「俺は絶対回らんと思う」
言い残してやば男退室。
私「・・・」
A子「・・・」
人妻「・・・」

先輩「あれ、もしかして皆気持ち繋がってる感じ?


気持ち、繋がってました。

拍手[6回]

PR
やることはたくさんありますが全身筋肉痛で何もしたくないので日記を書きます。
書くこと特に決まってないんですけど、先日会社で飲み会がありました。

会社から少し離れた焼肉屋で開催だったのですが、街の飲み屋街ではなく駅からのアクセスも良いとは言えない場所のため、会社から車で行く流れでした。
駐車場が狭いので乗り合わせで行くようにとのお達し付き。
正直会社から歩いて行ける距離の焼肉屋にすればそんな手間もないのにと結構なブーイングでした。
その店になったのは色々な大人の事情があるようですが、実は去年もそこで飲み会があり、その時の印象があまりよくないためますます不満。
結果今回も「もうここ来たくないな」と思う感じでした。
客少ないのに注文した肉全然来ない。米だけはすぐ来る。

そんなこんなで誰が誰の車で行くかとかそういう話になります。
弊社は適当な人が多いのでこういうのあまり事前に決めないんですよね。
事前に予定が決まっていないと不安なタイプなのでストレスたまります。

うちの部署には「女なら何でもいい」と公言している「お家、ドブなの?」と思わず聞きたくなるような外見のアラサー男がいるのですが(寝られれば外見も内面も問わないようだが当然可愛い子の方が好きなので自分から持ちかけて寝ておきながらdisったりする)
最近は去年入社した10代の女の子(A子)に大いにちょっかいをかけています。
本当にめちゃくちゃ問題人物なので会社が野放しにしているのはもう訴訟ものなのですが、何か普通に生きてます。
言われた本人の了承なしにネットに書いていいのかわからないようなセクハラ発言を繰り返しており、あわよくばしっぽり!という考えが駄々漏れです。
肩とかも抱きます。
お前はこの子の彼氏なのか?というようなLINEも送ってくるしマジで頭がやばい男です。
そもそもA子ちゃんにはいい会社に勤める彼氏がおり、それは周知の事実でもあります。

そのやば男(免許持ち自転車通勤)がA子ちゃんに「焼肉屋まで乗せてって(二人きりで)」「帰り家まで送って(二人きりで)」と言い出しました。これにより結果私は右手を負傷することになるのですが。
正直皆そう言い出すと思っていたので想定の範囲内。A子ちゃんが助けてほしいと言うなら我々も協力しましょう。

でも、A子ちゃん会社と自宅が近くて普段自転車通勤だし、退勤後また会社に来る際自転車で来て誰かの車に乗せてもらえばそれで済む話なのではと、私含め数人が提案したんですよ。
でも何か車で来ました。
自分の車で行きたいらしい。
わかんねぇ。
何がしたいんだ君は。
自転車が面倒くさかったのか。

わかるよ。(私も自転車通勤なので)

A子ちゃんが自分の車で行こうとするとなればとにかくやば男を車に乗せないことが重要です。
乗せたら最後、降りる時にいきなりチュッとかされかねません。
正直それで警察呼ばれてお縄にならないかなと思っている我々もいますが。
ここで私の登場です。
なんと私は過去にやば男とモメており、現在「二次会には私がいる」という理由でやば男が不参加を決めるというような状況です。
「ゆめちゃんがいるから、俺二次会行けないじゃん」と文句を言うそうですが誰もお前に来てほしいと思っていないから私がそこにいるんだと何故気付けないのか。不思議です。
そんなこんなで私が生贄・・・もとい魔除けとしてA子ちゃんの助手席に乗ることに。
こんなつらいことってある?
これは本音ですが、わたしはA子ちゃんがやば男にちょっかいかけられることよりも自分がやば男と関わらないことの方が重要なのです。やはり我が身が可愛い。

出発の時間になりA子ちゃんの車に乗る気満々のやば男が登場。
仲良しの先輩たちが「じゃあね!」つって去っていく背中がもう普通に憎たらしい。A子ちゃん何で先輩の「乗ってく?」断ったの。意味がわからない。嫌いなのかな。

やば男は集団に混ざって出てきたため、そこで固まって向かうのかと思いきや私が先輩たちについていくと思ったのか少し離れたところに一人突っ立ってずっとこちらを見ている。怖い。
私が助手席に乗り込みようやく去っていきましたが何で私がこんな思いしなきゃいけないんだという気持ちでいっぱい。

焼肉屋ではやば男のやば行動はなかった(人の目があるので)ため割愛。本当に肉が全然来ない。
焼き肉苦手なんであんまり食べてないのに胸焼けがすごい。


最終関門、帰りです。

やば男、またもや完全にスタンバイしています。
事前に「俺、A子の車の前で待ってるから」と何故か宣言していたやば男。怖い。二次会に行くと言ってみても「待ってる」の一点張りだったそうで。怖い。
車の前ではなく、なかなか店から出ようとしない我々一団を待つかのように同じく店内に留まっていました。通路が狭いのでやば男が邪魔で出口に行けない。
どうする?どう逃げる?と困っていると痺れをきらしたのかこちらに駆け寄りA子ちゃんの肩をポン。
「A子、大丈夫なん?」
何が?
これにはA子ちゃんも「何がですか?」と返す。いや本当に何がだよ。俺を送っていくんだろ時間大丈夫?の大丈夫?何?怖い。
怖いのでA子ちゃんはトイレに避難。トイレの横には店の出入口があり、やば男はそこから少し距離のある場所にいたため「今サッと出ればいける!」とLINEでやりとりし、いざ。

トイレのドアを開けると出入口の開閉式扉が塞がってしまう構造のため、トイレのドアを閉めてから出なくてはならないのですがめちゃめちゃ焦っているA子ちゃんが前にいる私を「早く早く早く早く!!!」とでかい声出しながら押出し私、右手をトイレドアと出入口ドアの間に思い切り挟む。これが右手の負傷です。何でこんな引っ張ったんでしょうね。
しかもその先は自動ドアなのですがめちゃくちゃ反応が悪くてなかなか開かない。
そもそも開く前にA子ちゃんが私を自動ドアにめちゃめちゃ押し付ける。「早く早く!!!」「待って自動ドア自動ドア!!!!!
とにかく落ち着いてほしかった。地獄だった。
なんとか外に出るもすぐさまやば男が追ってくる。でかい声出すからだよ。

走って逃げたのでなんとか振りきれました。本当にあんなガチで追ってくると思わなかったので怖かった。
もう書くの面倒くさくなってきたんですけどこの後は他数人と合流して二次会としてスポッチャで大はしゃぎしました。
A子ちゃんがずっとわけわかんないこと言っててこの子やべぇなって再認識した。

というわけで、今は全身筋肉痛です。
右手は痣になった。
休み明け、また一波乱ありそうで今から憂鬱です。

拍手[4回]

どうも!年女です。あけおめ!
2月ですね。
特におもしろいこともなければ大体なんでもツイッターで喋ってしまいますが、ブログを書きます。


今年は三社参りをしようと会社の先輩たちと複数の神社に初詣にいったのですが、最終的には二社しか参りませんでした。なんだったのか。
三社参りって九州とかとにかくこちら側の文化らしいですね。
おみくじを引き、先輩より良い結果を出すなよと釘を差され、大吉を出し、空気が読めないと顰蹙を買いました。
中吉先輩「いや、おみくじとか何回も引くのが醍醐味みたいなとこあるし、こっからが本番やけんな」
二回目のおみくじでも大吉引きました。私が。
こりゃ今年はきてんな・・・・そう確信した私は年末ジャンボの当選番号を確認しましたが30枚で900円当たりました。こりゃ今年はきてんな。

この時点で夜11時頃だったのですが、初詣のためだけに集まり即解散もどうかな的な空気になりカラオケにいきました。先輩たちはその二日前くらいにもカラオケに行っており、その二日後にもカラオケオールの予定があるため行きたくなさそうでした。
私も何で行ったのかよくわからないし正直カラオケ出てからの記憶がない。(一ヶ月前のことなので。)
高速道路で片道五時間かかる祖母の家に行ってきた帰りだったのに、何故あんな無茶をしたのかわかりません。休みでテンション上がってたんでしょうね。

休みが明け、会社の新年会があり。
決められたテーブルでうっかりおみくじ中吉先輩をその元カノと背中合わせの席に座らせてしまいその場の空気が一瞬重くなるも社長が社員巻き込んで恋ダンス踊るという事故を起こした以外は特に何事もなく進みました。
恋ダンスはおみくじ末吉先輩が言い出したことらしく、どうりでカラオケでめっちゃ恋ダンス踊ってると思った。

新年会が毎年恒例でくじ引きがあり、会場についた時点で番号つきのカードを引かされます。
上位の商品はそこそこ高額なため心がぴょんぴょんしますが私の戦歴は初年度がうまい棒詰め合わせ。その次の年が洗剤でした。商品の数は会場にいる人数の半分ほどなので当たるだけでもちょっと嬉しいです。
しかし全然呼ばれないので今年は当たらないかもと思いつつ隣の席の人と「まだ呼ばれないということは上位商品が当たってしまう」などとふざけていたところ、残り4賞というところで呼ばれました。本当に当たった!!
しかも私だけではなく先ほど一緒にふざけていた人も呼ばれ、マジで上位商品があたってしまいました。言霊ってあるんだね。
上位4賞はくじで呼ばれた四人がトーナメント形式で戦い順位を決め、その順位で商品が変わるというシステムです。見世物すぎる。
今年は手押し相撲でした。
女性は一人につき二人男性の助っ人を呼んでくるということで、一人は他部署の先輩(日課は会社の外階段を使っての懸垂。仕事が早く終わった日にツナギに着替え何故か会社で自車の整備をしていたのが印象的。)を呼び、もう一人がつかまらなかったところ社長が話したこともないクマみたいな巨漢(おっとりした優しい人でした。)を連れて来ました。
反則すぎると何故か私がブーイングを受けました。ええい黙れ黙れ。
いや、ほんとに、強い強い。すごく強い。
クマ先輩と私だけで勝ち進んでしまい、優勝してしまいました。
懸垂先輩は出番がないためLINEの返信をしていました。せめてステージ見ろよ。

そんなわけで一等のPS4をゲットしました!!やったぜ!!!もう持ってる!!!!!
二等のブルーレイディスクレコーダーとか三等のダイソン掃除機とかほしかったんですが、勝負事であったためつい勝ちにいってしまいました。負けず嫌いかよ。
優勝すると助っ人にも商品券が出るのですが、クマ先輩が何故か譲ったため全て懸垂先輩のものに。一番おいしい思いしたのこの人かよ。呼ばなきゃよかった。

その後同期のヤンキーが「おっ!落ちとんやん!」とPS4のカツアゲに現れてとても怖かったです。
落ちてねえよ。

最初の方の挨拶で社長が「今年は仕事を三倍に増やしたい」とかよくわからんことを言っていたことにより早く会社やめようという気持ちを強くした場面があったり、その後ベンツに乗って行った二次会のカラオケが長引き全身タバコ臭くなったまま夜が明けくじ引きで赤ちゃん見守りカメラを当てた独身先輩と喧嘩になったりもしましたが、今年はきてんな。私はそう思った。


そんなわけで先日900円の換金ついでにロト6を買いました。
なんと前週の当たり番号でした!
こりゃ今年はきてんな・・・・。
私はそう思った。

拍手[7回]

ではないです。


アフリカンサファリの話です。

皆知ってる?アフリカンサファリ。
先月末に行ってきました。理由はTwitterでも人気のライオンとトラの赤ちゃんの公開が10月までだったからです。
何もね、車いすマラソンで道路が規制される日になんて行かなくてもね。言い出したのは私です。
もちろん混んでた。
もはやちょっと記憶がおぼろげなんですが。

大分県民なら一度は行ったことがあるんじゃないでしょうか。小さい頃に保育園や小学校の催しで行くことが多い気がします。
かく言う私も保育園の時に行ったきりです。ジャングルバス以外記憶残ってないレベル。もうトラ見られたらなんでもいいくらいの意気込みです。
助手席にいながら行きのナビがうまく行かずポンコツ呼ばわりされながら山道を行き安心院へ。

到着時、ゲートにあるマークを見てはしゃぐ我々。
「グリフィンドールの寮ある。」    (↓これ)


15年ぶりくらいなんじゃないかと思う園内。
思ったより狭い。

とりあえずまっすぐライオンの元へ向かいました。
どうも抱っこして写真が撮れるらしいけど列がすごい。
ライオンは二匹いましたがどちらも寝ていました。本当に見るだけでいいつもりで来たのですが、あれは見た瞬間「撫でたい!!!」と思わせますね。すごいかわいい。
そのまま隣のキャットサロンへ入りました。ここまで来て即行猫カフェみたいな空間に行ってしまった。猫がたくさんいました。可愛かった。
が、キャットサロンにこそ本命中の本命、トラとライオンの赤ちゃんがいるんです。
Twitterに上がっているあのね!一緒の空間にいてじゃれあってるやつ!
生は完全にシャブです。

あまりにも可愛いの暴力でした。見られて本当によかったな~!
もうここで私は用を終えたも同然なんですが、アフリカンサファリといえばジャングルバス。
肉食獣にも餌あげ体験ができるという、あのジャングルバスです。
追加料金です。
事前にバスどうするって話になったのですが、「え!?乗らんの!?乗るやろ!!バス乗らんとかないやろ!!」と力いっぱい言われたので料金を気にしていただけの私は言いなりです。
バスの時間まで園内ブラブラしてカンガルー触ったりリスザル見たり量が多すぎるモルモットに狼狽したり全員顔隠して寝てるピグミーマーモセットを見たりしました。目が特徴なのに・・・・・。

ハロウィン仕様です。

馬にも乗れたりするんですよ。
彼「馬乗る?」
私「乗らない。」
彼「馬が潰れちゃうもんな・・・」
私「そこまで重くない」

園内には色んな動物の銅像?があるんですけど、結構園自体に関係のないものが多いです。ブレーメンの音楽隊とか。(本当に何故ブレーメン・・・・?)
私「(園内にはいないのに)ブタの像があるよ」
彼「おっ、一緒に写真撮ってやろうか?」
私「は?」

ギスギスしながらいよいよバスの時間です。
ルートとしてはヤギ→クマ→オスライオン→メスライオン→シカ→ゾウ→キリン→ラクダです。
これは餌を上げることのできる動物で、これらは超至近距離で見ることができます。
他にもエサやりはできませんが、サイとかトラとか名前忘れたけどやたらでかいバッファローみたいなのとかハイエナとかチーターとかシマウマとかいろいろいます。

感想としてはもうとにかくライオンがでっっかい。
目の前に来た時あまりにでかくてこれは襲われたら死ぬわと思いました。
正直トラ贔屓なのでライオンのことは甘く見ていたんです。認識を改めました。
あとやっぱり触りたくなりますね。死ぬけど。
この日のバスで今日はこの一便だけ!というアタリを引き、ゾウがカボチャを食べるところを見られたりもしました。足で割って食べるんですよ。他のゾウにとられないように鼻で自分の方に避けるのがとっても陰湿でよかったです。餌をあげる時手に伝わってきた鼻の力がものすごく強くてビビりました。これは死にます。

肉食獣のエリアとか結構厳重に管理されてまして、逐一ゲートがあるんですよ。動物は皆一応野生なので自然の中に放されている状態なんですよね。ご飯はもらってるけど。

で、このゲートがですね、写真撮れなかったんですけど、もうすっごいジュラシックパーク。
動物のシルエットと名前、それから主張するWARNINGの文字。
通信しながらゆっくり開いていくゲート。
これ突然ティラノ出て来てバス潰されて死のドライブが始まる奴だわ・・・。と戦慄しました。もう雰囲気が怖い。
崖になってるところをガタガタいいながら進むバス一歩間違えば転がり落ちていくし山の上で吹き荒ぶ風と光景に肝も体も冷えました。下手な絶叫マシーンより怖い。運転手はベテランかと思われますがおじいちゃんです。
大型肉食獣は餌も大きくて、何かの動物一頭だと思うんですけど食べ残されてカラスが群がっている様子もポイント高かったですね。似たようなのUSJのアトラクションで見たことある。
降りたら尻が痛かったですが、すんげぇ楽しかったです。

この頃には日も暮れてライオンのお触り列がほぼなくなっていたので折角だしと500円払って記念撮影してきました。
写真は苦手なのですが、ライオンが触れる。これはとても、魅力的でした・・・・。
もう公開終了間近ということでかなり大きくなっていました、このくらい。

獣臭かったです。
猫くらい小さいよりこのくらいの方が触り心地としてはライオン~!って感じがしてよかったです。肉球お触りタイムがあります。天国か?

帰りながら「こんな所にアフリカがあるのすごいな」って話をしました。
すごいねアフリカンサファリ。大分にいながらにしてアフリカを感じることができる。すごい楽しかった。5年に一度くらいでいいな!
だから年間パスポートが安いのかなって話もしました。

帰りに高めの寿司屋で一貫700円するトロを食べてお腹を壊しました。
ありがとな10月。

拍手[2回]

毎日マルチの勧誘受けてるわけではないので特におもしろいこととか何もないんですけど。
マルチからは先日ボーリングの誘いが来ました。ボーリングが好きではないので蹴りました。


仕事の話。


仕事では地名とか人名とか色々書いてある指示書の内容をパソコンにローマ字で打ち込んでいます。
つまり人名の漢字が読めなくてとりあえず同じ漢字を入れておき誤魔化すという手が使えず、読み仮名がわからないとマジで困るやつです。一日数件わからないものがあります。DQNネームにはフリガナつけてってあんなに言ったじゃない。
そのせいでたまに大喜利が始まりますが、それはさておき。

指示書は手書きなので、稀に読めないものがあります。字が汚くて。
人のこと言えないんですけど。
ミミズか文字かって言われるとちょっと迷うくらいのものも多々あります。それでも一年くらいやると何故か読めるようになってくるんですけど。以心伝心ってヤツ?

しかし問題はこちら。
以前きたものにこういうものがありました。


読めなくない?

ていうかもはや記号の域じゃない?
なにこれ?人事?人事って書いてあんの?

全くわからなかったので、送ってきた本人に直接問い合わせました。
正解がこちら。


嘘だよね?
絶対に書いてないよね?
絶対に「高峰」って書いてないよね?

絶対に書いてないよ。

本人曰く「ちょっと読みにくかったですかね?」だそうで。
そういうレベルじゃない。
読みやすいとか読みにくいじゃない。
高峰って書いてない。
我々が知らないだけで本当はこういう略字があるのかもしれない。
そう思うくらい送ってきた本人は当然読めると思っていたのですが、本当に我々が知らないだけなんでしょうか。
こうやって「絶対に書いてないでしょ!」と騒ぐ私こそが滑稽なのではないでしょうか。
どうなんですか?

これ以前はずっとちゃんと高峰って書いてあったんですけど、最近はもうこのミミズしか来なくなりました。どうして?

他にも字として成立していないシリーズあるんですけど、写真とか特にないので無いです。
早く仕事やめたい。
あと宝くじ当てたい。

拍手[11回]

プロフィール
HN:
ゆめみや
性別:
非公開
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 止まると死ぬ。 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]