忍者ブログ
日記です。
[11] [10] [9] [8] [7] [4] [2] [1]
ではないです。


アフリカンサファリの話です。

皆知ってる?アフリカンサファリ。
先月末に行ってきました。理由はTwitterでも人気のライオンとトラの赤ちゃんの公開が10月までだったからです。
何もね、車いすマラソンで道路が規制される日になんて行かなくてもね。言い出したのは私です。
もちろん混んでた。
もはやちょっと記憶がおぼろげなんですが。

大分県民なら一度は行ったことがあるんじゃないでしょうか。小さい頃に保育園や小学校の催しで行くことが多い気がします。
かく言う私も保育園の時に行ったきりです。ジャングルバス以外記憶残ってないレベル。もうトラ見られたらなんでもいいくらいの意気込みです。
助手席にいながら行きのナビがうまく行かずポンコツ呼ばわりされながら山道を行き安心院へ。

到着時、ゲートにあるマークを見てはしゃぐ我々。
「グリフィンドールの寮ある。」    (↓これ)


15年ぶりくらいなんじゃないかと思う園内。
思ったより狭い。

とりあえずまっすぐライオンの元へ向かいました。
どうも抱っこして写真が撮れるらしいけど列がすごい。
ライオンは二匹いましたがどちらも寝ていました。本当に見るだけでいいつもりで来たのですが、あれは見た瞬間「撫でたい!!!」と思わせますね。すごいかわいい。
そのまま隣のキャットサロンへ入りました。ここまで来て即行猫カフェみたいな空間に行ってしまった。猫がたくさんいました。可愛かった。
が、キャットサロンにこそ本命中の本命、トラとライオンの赤ちゃんがいるんです。
Twitterに上がっているあのね!一緒の空間にいてじゃれあってるやつ!
生は完全にシャブです。

あまりにも可愛いの暴力でした。見られて本当によかったな~!
もうここで私は用を終えたも同然なんですが、アフリカンサファリといえばジャングルバス。
肉食獣にも餌あげ体験ができるという、あのジャングルバスです。
追加料金です。
事前にバスどうするって話になったのですが、「え!?乗らんの!?乗るやろ!!バス乗らんとかないやろ!!」と力いっぱい言われたので料金を気にしていただけの私は言いなりです。
バスの時間まで園内ブラブラしてカンガルー触ったりリスザル見たり量が多すぎるモルモットに狼狽したり全員顔隠して寝てるピグミーマーモセットを見たりしました。目が特徴なのに・・・・・。

ハロウィン仕様です。

馬にも乗れたりするんですよ。
彼「馬乗る?」
私「乗らない。」
彼「馬が潰れちゃうもんな・・・」
私「そこまで重くない」

園内には色んな動物の銅像?があるんですけど、結構園自体に関係のないものが多いです。ブレーメンの音楽隊とか。(本当に何故ブレーメン・・・・?)
私「(園内にはいないのに)ブタの像があるよ」
彼「おっ、一緒に写真撮ってやろうか?」
私「は?」

ギスギスしながらいよいよバスの時間です。
ルートとしてはヤギ→クマ→オスライオン→メスライオン→シカ→ゾウ→キリン→ラクダです。
これは餌を上げることのできる動物で、これらは超至近距離で見ることができます。
他にもエサやりはできませんが、サイとかトラとか名前忘れたけどやたらでかいバッファローみたいなのとかハイエナとかチーターとかシマウマとかいろいろいます。

感想としてはもうとにかくライオンがでっっかい。
目の前に来た時あまりにでかくてこれは襲われたら死ぬわと思いました。
正直トラ贔屓なのでライオンのことは甘く見ていたんです。認識を改めました。
あとやっぱり触りたくなりますね。死ぬけど。
この日のバスで今日はこの一便だけ!というアタリを引き、ゾウがカボチャを食べるところを見られたりもしました。足で割って食べるんですよ。他のゾウにとられないように鼻で自分の方に避けるのがとっても陰湿でよかったです。餌をあげる時手に伝わってきた鼻の力がものすごく強くてビビりました。これは死にます。

肉食獣のエリアとか結構厳重に管理されてまして、逐一ゲートがあるんですよ。動物は皆一応野生なので自然の中に放されている状態なんですよね。ご飯はもらってるけど。

で、このゲートがですね、写真撮れなかったんですけど、もうすっごいジュラシックパーク。
動物のシルエットと名前、それから主張するWARNINGの文字。
通信しながらゆっくり開いていくゲート。
これ突然ティラノ出て来てバス潰されて死のドライブが始まる奴だわ・・・。と戦慄しました。もう雰囲気が怖い。
崖になってるところをガタガタいいながら進むバス一歩間違えば転がり落ちていくし山の上で吹き荒ぶ風と光景に肝も体も冷えました。下手な絶叫マシーンより怖い。運転手はベテランかと思われますがおじいちゃんです。
大型肉食獣は餌も大きくて、何かの動物一頭だと思うんですけど食べ残されてカラスが群がっている様子もポイント高かったですね。似たようなのUSJのアトラクションで見たことある。
降りたら尻が痛かったですが、すんげぇ楽しかったです。

この頃には日も暮れてライオンのお触り列がほぼなくなっていたので折角だしと500円払って記念撮影してきました。
写真は苦手なのですが、ライオンが触れる。これはとても、魅力的でした・・・・。
もう公開終了間近ということでかなり大きくなっていました、このくらい。

獣臭かったです。
猫くらい小さいよりこのくらいの方が触り心地としてはライオン~!って感じがしてよかったです。肉球お触りタイムがあります。天国か?

帰りながら「こんな所にアフリカがあるのすごいな」って話をしました。
すごいねアフリカンサファリ。大分にいながらにしてアフリカを感じることができる。すごい楽しかった。5年に一度くらいでいいな!
だから年間パスポートが安いのかなって話もしました。

帰りに高めの寿司屋で一貫700円するトロを食べてお腹を壊しました。
ありがとな10月。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
プロフィール
HN:
ゆめみや
性別:
非公開
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 止まると死ぬ。 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]